School Information

実習教育

高度な技術・技能を身につける“特色ある実習教育”

愛知総合工科高等学校専攻科の教育課程のうち、実習科目の割合は40%を占めています。
実習には、それぞれの科・コースをユニットとする“コース別実習”と、科・コースの枠組みを超えて設定された研究テーマに基づく製作実習を行う“総合実習”があります。



コース別実習

2つの科に設置されている4つのぞれぞれのコースをユニットとし、各コースに必要な技術・技能の修得を目指す教育を行います。また、資格取得のための要素実習も兼ねたプログラム内容で構成されています。

2018年度のコース別実習内容
産業システム科

コース名 学年 実習内容
生産システムコース
(機械系)
1年 電子工作、電気計測、製図、CAD3級、フライス盤、旋盤、シーケンス制御3級、マシニングセンタ基礎
2年 マシニングセンタ応用、機械保全、保全(電気)、PLC、CAD/CAM、NC(レーザー)、NC(プレスブレーキ)、パワーエレクトロニクス、FA実習
情報システムコース
(電気系)
1年 機械製図、手仕上げ、電子回路実習、電子機器組立3級、シーケンス制御3級、プログラミングⅠ、CAD
2年 マイコンシステム実習、FPGA実習、プログラミングⅡ、計測装置開発(データロガー製作)、PC制御実習、 ネットワーク

先端技術システム科

コース名 学年 実習内容
自動車・航空産業コース
(機械系)
1年 電気計測、電子工作、フライス盤、製図、CAD3級、マシニングセンタ基礎、航空機組立・艤装、シーケンス制御
2年 CAD/CAM、NC(レーザー)、NC(プレスブレーキ)、マシニングセンタ応用、CAE解析、保全(電気)、QC、パワーエレクトロニクス
エネルギー産業コース
(電気系)
1年 手仕上げ、機械製図、リレーシーケンス、シーケンス制御3級、電子機器組立3級、CAD、マイコンロボット制御
2年 FA実習、電気機器、QC、CAD実習、3Dプリンタ、PLC、CAD/CAM、NC(レーザー)、NC(プレスブレーキ)

総合実習

学科・コースの枠を越えてグループを組み、それぞれに研究テーマを設定し、製作実習等を行います。
講師陣には、企業出身の技術者・技能者の先生方が参加し、実際の生産現場でのシチュエーションを感じながら、授業が進められます。

2018年度の総合実習のテーマ

テーマ
総合実習Ⅰ(1年生)
  • 若年者ものづくり競技大会(フライス盤)と機械系ものづくり
  • 若年者ものづくり競技大会(ロボットソフト組込み・メカトロ)
  • 機械組立仕上げ 検定・技能実践
  • 自動車設計手法の研究
  • 航空機製造技術の研究と実践
  • 技術者としての基礎力向上講座
  • 電気自動車「コラプス」の継続研究と自動運転システムの活用
  • 自動運転支援用 プレビューセンサの開発と実践 Ⅰ
  • メカトロキットによる工場生産の制御実践
総合実習Ⅱ・Ⅲ(2年生)
  • 技能五輪(旋盤)と若年者ものづくり競技大会(旋盤)
  • 若年者ものづくり競技大会(メカトロ)
  • 若年者ものづくり競技大会(電子回路組立・AIマイコン開発)
  • 若年者ものづくり競技大会(電気工事)
  • エコモビリティ技術・再生可能エネルギーの研究と実践
  • 機械組立仕上げ 検定・技能研究 Ⅱ
  • 自動運転支援用 プレビューセンサの開発と実践 Ⅱ
  • 溶接に関する技術・技能の実践・機械保全
  • ハイブリッドロケットの研究と実践
  • 工場エネルギーマネジメントの研究と実践
  • NYP交換留学