Department / Curriculum

これからの産業を支える技術・技能を修得する2つの科

愛知総合工科高等学校専攻科には「高度技術科」「先端技術科」という特色ある2つの科があります。
さらに各科の中で学びたい分野に合わせたコースを選ぶことができます。

高度技術科

自動車・航空機の構造や仕組み、自動加工技術など、運輸機械の製造に関わる高度な技術を身に付けた産業人材の育成を目指します。

発電や送電を行う電力システムや電気機器の制御技術など、電気エネルギー産業に関わる高度な技術を身に付けた産業人材の育成を目指します。

先端技術科

AIやIoTに代表される情報処理技術など、情報通信に関わる先端技術を身に付けた産業人材の育成を目指します。

半導体や電子回路基盤、信号処理、ロボット技術など、生産現場のデジタル化に関わる先端技術を身に付けた産業人材の育成を目指します。

令和3年度以前入学生

産業システム科

産業用ロボットを含む自動生産システムに導入されている機器の保守・点検、制御プログラムの編集ができ、生産システムなどを総合的に改善する技術・技能を身につけます。

自動車内部の電子機器や産業用ロボット、情報家電、OA機器等の制御に用いられる組み込み制御機器の設計技術・製作技能を身につけます。

先端技術システム科

自動車・航空機産業における材料、構造、電気・電子などの要素技術の専門人材の育成を目指し、試験、解析、検査を担い、CAD/CAM部品加工など、幅広い分野に対応できる技術・技能を身につけます。

エネルギー産業等と連携し、先端エネルギー機器や情報通信機器の構造、取扱等を学び、電力設備や通信設備(光ファイバ等)の設計・施工、保守管理技術・技能を身につけます。